FC2ブログ

社員旅行 in シンガポールその1

今回からが正式なシンガポールシリーズです。

関空から夕方にシンガポール入りし、初日は同僚と屋台でご飯を食べ、
その後ガーデンズバイザベイで夜景を見て過ごしました。

そして二日目の朝、前日まで見られていたZappey's Flycatcehrがどうしても見たくて、
地元の鳥屋しか訪れなさそうなBidadari Parkへタクシーで向かいました。

日の出よりかなり早く出たため到着してもまだ真っ暗。
しきりにヨタカ類の声が聞こえてきます。
どうやらLarge-tailed Nightjar(オビロヨタカ)のようです。
個体数はかなり多いようで、撮影こそできませんでしたが飛び回る姿を確認できました。

少し明るくなるにつれて鳥の声や姿が目立ってきます。
街路樹ではAsian Koel(オニカッコウ)のペアが求愛給餌?と思われる行動をとっていました。
同様に街路樹ではWhite-throated Kingfisher(アオショウビン)やPink-necked Green Pigeon(コアオバト)などの姿が見られ、
道路の上にはWhite-vented Myna(ジャワハッカ)の姿が。
遠くには日本でもお馴染みのOriental Dollar Bird(ブッポウソウ)やBlack-naped Oriole(コウライウグイス)の他、
Asian Glossy Starling(ミドリカラスモドキ)やYellow-vented Bulbul(メグロヒヨドリ)が群れで枯れ木に止まっています。
聞き覚えのある声がすると思えばAsian Brown Flycatcher(コサメビタキ)やAshy Minivet(サンショウクイ)が飛びまわり、
その他Arctic Warbler(コムシクイ)の声もよく聞きました。

アオショウビン
朝は暗くてなかなか撮影ができませんでしたが、フレンドリーなアオショウビンは撮影することができました。
すぐそばを自転車が通っても飛ばなかったものの、大きなトラックには流石に圧を感じたようで飛んでいきました。

現地のバーダーが集まっていたので恐らくZappey'sを待っているのだろうと混ぜてもらうことに。

オオルリ/Zappey's
しかし現れるのは成鳥ではなく若いこの個体ばかり。
現地ではBlue-and-white/Zappey'sと言われていましたが、僕はなんとなくBlue-and-whiteかなと...
実際にはどちらかよくわかりませんが。
結局目当ての鳥は前日が終認だったようです。

シロボシオオゴシキドリ
時間に余裕があったのでぶらぶら歩いていると遠くに小鳥が。
肉眼ではKingfisherかと思いましたが、よく見てみるとLineated Barbet(シロボシオオゴシキドリ)でした。


ダルマインコ
Red-breasted Parakeet(ダルマインコ)

オナガダルマインコ
Long-tailed Parakeet(オナガダルマインコ)
Parakeetはそれなりに多く、よく高速で頭上を飛び交っていたものの止まってくれる個体は多くありませんでしたが、
この場所では2種見ることができました。

オニカッコウ雌
頭上でガサガサ音がすると思ったらAsian Koel(オニカッコウ)の雌。
あまり警戒することもなく、枝被りながらもじっくり見ることができました。
オニカッコウは非常に個体数が多く、今回いたるところで声を聴きました。

オナガサイホウチョウ
薄暗いブッシュで動き回る小鳥の影はCommon Tailorbird(オナガサイホウチョウ)。
今回見ることができた唯一のTailorbirdでしたが、数は多かったです。

タケアオゲラ
遠くでバーダーがカメラを構えていたので確認するとLaced Woodpecker(タケアオゲラ)。
今回唯一姿を見たキツツキ類かつ個体でした。

キタカササギサイチョウ
ひと際大きな鳥が飛んできました。
Oriental Pied Hornbill(キタカササギサイチョウ)です。
東南アジアに来たからにはやはり何としても見たかったHornbill。
実は公園について少ししてからペアを飛ばしてしまったのですが、無事撮影することができました。

キタカササギサイチョウ
小さな木の実を啄んだ後飛んでいきました。

キタカササギサイチョウ
移動した先で2羽で鳴き交わし。
もう少しいいアングルで撮影したかったですが、このアングルからしか見えない位置でした...笑

ルリノドハチクイ
そろそろ次の場所へ行こうかと思っていたところ、遠くに小鳥の姿が。
Blue-throated Bee-eater(ルリノドハチクイ)でした。
空抜けなのは残念ですが、とても美しい鳥で見られたのはなかなか嬉しかったです。

マレーアナツバメ?
上空には絶えずアナツバメ類などが飛び交っていました。
German's Swiftlet(マレーアナツバメ)?と思いましたが自信はなし。

チゴモズ
小学生くらいのバーダーがカメラを向ける先にはTiger Shrike(チゴモズ)がいました。
実は密かにシンガポールで見たいと思っていた鳥です。

フィンレイソンリス
日の出前からよく鳴いて動き回っていたFinlayson's squirrel(フィンレイソンリス)。
シンガポールでは外来種のようです。

クロカッコウハヤブサ
そろそろ移動しようかと思っていたところ、木々の隙間から3羽ほどで舞う鳥の姿が見えました。
Black Baza(クロカッコウハヤブサ)です!
現地のバーダーにも人気があるのか皆後を追いましたが、遠くの木に止まった後すぐに飛び去りました。
出来れば止まっているところをばっちり撮影したかったです...

Black Bazaを見送り次の目的地へと移動しました。


2019/11/15 Bidadari Park 6:30-12:00

Asian Koel(オニカッコウ)
Large-tailed Nightjar(オビロヨタカ)
White-throated Kingfisher(アオショウビン)
Collared Kingfisher(ナンヨウショウビン)
Black-capped Kingfisher(ヤマショウビン)
Spotted Dove(カノコバト)
Pink-necked Green Pigeon(コアオバト)
White-vented Myna(ジャワハッカ)
Asian Glossy Starling(ミドリカラスモドキ)
Oriental Dollar Bird(ブッポウソウ)
Black-naped Oriole(コウライウグイス)
Yellow-vented Bulbul(メグロヒヨドリ)
Asian Brown Flycatcher(コサメビタキ)
Oriental Magpie Robin(シキチョウ)
Blue-and-white Flycatcher/Zappey's Flycatcehr
Ashy Minivet(サンショウクイ)
Pied Triller(マダラナキサンショウクイ)
Arctic Warbler(コムシクイ)
Tiger Shrike(チゴモズ)
Red-breasted Parakeet(ダルマインコ)
Long-tailed Parakeet(オナガダルマインコ)
Common Tailorbird(オナガサイホウチョウ)
Swiftlet
Oriental Pied Hornbill(キタカササギサイチョウ)
Black Baza(クロカッコウハヤブサ)
Lineated Barbet(シロボシオオゴシキドリ)
Laced Woodpecker(タケアオゲラ)
Blue-throated Bee-eater(ルリノドハチクイ)
Eurasian Tree Sparrow(スズメ)
House Crow(イエガラス)

以上30種。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか生き物ブログに。
虫は糞虫、鳥は小鳥メインに幅広く。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR