FC2ブログ

春の糞虫たち

僕のブログ更新のポリシーは、他ではあまり得られない情報を得られるブログにするということで、
ネット上ではあまり情報のない種や場所、行動についてを記事にするようにしています。
しかし、正直なところ最近あまり鳥を見ていないので、野鳥に関しては書きたいネタが特にありません(ネタ自体はあるんですが)

ということで昨日の引き続き糞虫の話題を...
糞虫は一年中何かしらの種が活動しているので、同じ場所でも季節によってみられる種類が全く異なります。
今日は春に活動する糞虫の中でも、初めに出てくる種を紹介します。


ニッコウコエンマコガネ。
コエンマコガネ属の小型のエンマコガネです。
林内の糞に集まります、動きは早くなくて可愛い。
DSC_6747.jpg
クロマルエンマコガネ雄。
よく似たフトカドエンマコガネより活動し始めるのが早い様子で、
この春はまだクロマルエンマコガネしか見ていません。

トラツグミ
クロツヤマグソコガネ。
春の早い時期を代表するマグソコガネのようです。
4月から5月上旬頃にのみ活動するようで、ならまち糞虫館さんのブログに面白い記事があるので是非目を通してください。
動きは素早く今の時期、奈良では立派な鹿糞があればそこにはかなりの数のクロツヤが入っていますが、
本州ではかなり数を減らしているようです。
僕が観察した限りでは、気温15度辺りを境に活動が活発になるような気がしています。

DSC_7818.jpg
ヌバタママグソコガネ。
冬は林内の優占種といえばネグロマグソコガネでしたが、
春はこのヌバタママグソコガネ。
九州では12月の牧場で姿を見かけました。

DSC_7773.jpg
クロツブマグソコガネ
少し丸目の体形が可愛らしい種です。
動きも鈍く、ひっくり返ると起き上がれません。
古い鹿糞を好むようで、半分カビが生えた湿り気のある糞で見つかりました。

DSC_7807.jpg
一度こうなるとなかなか動き出してくれません。

春以降の糞虫が本格的に活動しだすのは、もう少し暖かくなってからのようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか生き物ブログに。
虫は糞虫、鳥は小鳥メインに幅広く。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR