FC2ブログ

Crested Honey Buzzard ハチクマの幼鳥たち

ネタがないわけではないけど、あまり鳥に気が向いていないため更新が滞りがちです。
あまり虫などばかり取り上げすぎてもなぁ...などと考えていました笑

秋といえば鷹渡り。
鷹渡りの中ではハチクマの渡りが一番好きです。
理由は単純に雌雄年齢の識別がしやすく、バリエーションが豊富だから。
今回はあまり写真がないですが(探すのが面倒だった)、ハチクマ幼鳥について。
といっても特に書くことがないです。

ハチクマ
暗色なハチクマ幼鳥。
暗色でも様々なタイプがいます。


ハチクマ
こちらは白っぽくクマタカ幼鳥のような雰囲気のタイプ。

ハチクマ
上のタイプと殆ど同じですが、こちらは尾羽のバンドが太いタイプ。
羽の色は問わず、こういう尾羽の個体がいます。
成鳥雄のハチクマの場合は尾羽のパターンが一定ですが、雌の場合、成鳥でも様々なバリエーションがあります。
この辺りが関係していたりするんでしょうか。

ハチクマ
この個体は尾羽のバンドの一部が乱れた個体。
もっと派手に乱れているものもいます。

ハチクマ
眉斑がはっきりとしたこういうタイプは、個人的にサシバ型と呼んでいます笑
雰囲気が少しだけサシバ幼鳥っぽくないでしょうか...

ハチクマ
特に表現のしようがないハチクマ幼鳥。
一見同じように見えるものでもよく見ると結構違ったりするのでハチクマは本当に面白いです。

秋の渡り時、成鳥のハチクマは殆どの個体が換羽中ですが、幼鳥は通常綺麗に生え揃っているので、
個人的にはそこも魅力的に感じます。

今年は週末に台風が来たり雨だったりで、あまり鷹渡りに時間が割けませんでした。
ハチクマの渡りはもうほぼ終わり、来年に期待です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR