FC2ブログ

オオルリの行動と尾羽

GWは結局7日中5日間MFへ。
勿論目当てはオオルリ。

今年のGWは、オオルリの行動を見るという点では大満足でした。
先日書いた交尾シーンのほかディスプレイや、様々な意味の鳴き声を聞き、その意味を考えることが出来ました。
写真はというと...ですが笑

まずはGW中で一番の出来だった写真を...

オオルリ
オオルリ成鳥雄。
距離は多少あるものの、後ろに横枝があるのを除けばなかなか良い背景で撮影することが出来ました。

そしてここからが本題。
先日オオルリのディスプレイで、尾羽について少し教えてもらったのがきっかけで少し気になったので、
過去の写真や記憶を掘り返して見ました。

オオルリが尾羽を開くのには、恐らく警戒や威嚇のほか、求愛などにも使用していると思われます。
また、囀る時に尾羽を開いていることもありますが、完全に閉じていることもあります。
この辺りが今のところよく分からないんですが、尾羽、そして白斑は意図的に目立たせていると思います。

オオルリ
オオルリ第一回夏羽 2015.4.18撮影
典型的で分かりやすいのはこのような形で綺麗に尾羽を広げる仕草です。

オオルリ
オオルリ第一回夏羽 2018.4.30撮影
身体を細長くすぼめ尾羽を開く動作で、一見警戒しているように見えますが、
恐らく求愛のポーズと思われます。
とても複雑で小さめの声で鳴き、この後尾羽を開いたまま華麗なディスプレイ飛翔を披露してくれました。
オオルリが大好きな身としては心底感動するシーンです。
先日オオルリが交尾したあとに雌の周りを飛んだシーンと、この飛翔が見られたのは本当に嬉しい出来事で、
今まで鳥を見てきて一番思い出深いシーンとなったと言っても過言ではないです。

オオルリ
オオルリ
オオルリ雄成鳥 2018.5.5撮影
こちらは尾羽を少し開いて囀る雄。
林内で控えめな声量で囀っていた。
恐らく雌を意識したものと思っていますが、正確なところは不明。
ただ、木の梢で大きく口を開けて囀っている時とは恐らく意図が違うのだと思います。
体色は勿論ですが、オオルリの白斑は林内ではとても目立ちます。

オオルリ
オオルリ雄成鳥 2016.4.30撮影
こちらは尾羽を閉じて囀るオオルリ。
白斑は見えていない。
見えていないと言うより、見せていないという方が正しいのかもしれないです。


とても酷い映像ですが、尾羽を開いて上下させているシーンです。
先ほどディスプレイ飛翔したと書いた個体で、先ほどの写真を撮る直後に撮影した動画です。
細かい囀りをしていたんですが、動画を撮る時には鳴きやんでいました...


こちらは尾羽を閉じて上下させるシーンです。
チッチッという地鳴き以外にも小さな声で鳴いていますが、風がうるさくて聞き取りづらいかも...
このチッチッと地鳴きするときは、警戒している場合が多いかと思います。
この個体は尾羽を閉じたまま上下させており、理由は分かりませんが警戒していると考えています。
撮影は今年の4月21日で、まだ営巣などはしていない個体です。

囀りについても、色々感じたことがあったので書き連ねたいですが、
音声を撮る余裕がなく殆どなにも撮れていないのが現状で、これは来年の目標にしたいと思います...
今回書いたことについてはほぼ憶測で、正直よく分からない行動も多いですが
小鳥一つを取り上げてもこれだけ奥が深く面白いことだらけで本当に飽きることがないです。

ただ、山の鳥は観察するのが本当に難しくて、なかなかじっくり見ることが出来ません。
ただただ我慢、根気が必要です...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR