春から初夏へ。オオルリ他

ゴールデンウィーク前半は早くも終わり。
僕のGWはと言うと、3日連続マイフィールドへ。

オオルリ
囀るオオルリ第一回夏羽。
MFにこういう場所があると思っていなかったけど、恐らく一昨年からのある出来事がきっかけ...
喜ばしいことではないけど、誰かが悪いわけでもない。

オオルリ
尾羽の白斑がとても素敵。

オオルリ
正面を向くと、お腹に幼羽と思われる褐色味のある羽が目立ちます。

オオルリ
同個体。
このポーズは警戒や他の雄に対して威嚇の意味があると思っていたけど、どうやら求愛のしぐさでもある様子。
とても複雑な声で鳴きながらこの姿勢をとります。
この後尾羽を綺麗に広げて、サンコウチョウのようにヒラヒラ舞うディスプレイを見せてくれました。
普段の囀りとは違い、ぐぜりのようなとても複雑な声で鳴きながら行います。
前日には他の個体で交尾も確認しましたが、交尾後同じように雌の周りを飛び回っていました。
これまで野鳥を観察していて、一番感動したシーンといっても過言ではないです。

ニホントカゲ
縄張り争いをするニホントカゲの雄たち

ニホンカナヘビ
脱皮中のニホンカナヘビの若い個体。

ヤマカガシ
僕の大好きなヤマカガシの若い個体、昨年生まれと思う。
まだまだ小さい。

タゴガエル
タゴガエルの雌。
写真では分からないですが、お腹が透けて卵が見えてます。

タゴガエル
夕暮れ時に鳴くタゴガエルの雄。

オオセンチコガネ
マイフィールド名物のオオセンチコガネの青型。
この個体はとても美しい個体でした。

キボシアシナガバチ
キボシアシナガバチ。
とても可愛い蜂です。

ミヤマベニコメツキ
ミヤマベニコメツキ。
見つけた時はとても小さいベニボタルかと思いましたが、よく見るとこの虫でした。
コメツキの中でも見て見たい仲間だったので、なかなか嬉しかったです。

ニョイスミレ
ニョイスミレ。
とても小さい可愛らしい花です。
ニョイスミレ
同上。
マイフィールドでは部分的に密生している様子でした。

コミヤマスミレ
コミヤマスミレ。
とても美しくて、この花が大好きになってしまいました笑
生育環境は日の当たらない、湿度のある苔が生えているような環境で、その雰囲気がまた良かったりします。

コミヤマスミレ
こちらもコミヤマスミレ。
この株は葉の赤味が強いようです。

スミレは株やその場所によって違いが大きいようで見ていてとても面白いですね、すっかり虜です笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR