FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロジ(Grey Bunting)の年齢考察

今回は僕の大好きな鳥の一種でもあるクロジの年齢について。

クロジの年齢について、僕個人としてはルリビタキの年齢による変化と同じ印象を持っています。
例えばルリビタキでは、完全な羽になるまで少なくとも四年以上(僕は五、六年かかると考えています)かかると言われていますが、
クロジも同じように四年以上かかるのではないかと考えています。

クロジ
2017年2月撮影の個体です。
この個体は一般的に言われる成鳥で、恐らく三年目以降と思われます。

クロジ
先ほどの個体と同一個体です。
この個体は風切羽や、背面に少々褐色味があるため、第三回冬羽と考えています。
また、大雨覆に褐色味がない点、初列風切の色味もポイントと考えています。

クロジ

クロジ
上記個体は褐色味がほぼ完全になく、四年目以降と考えています。
肝心の部分が分かりづらいのですが、尾羽や上尾筒にも褐色味がありません。
三年目と考えている個体でも、上尾筒や尾羽には少々褐色味があると感じています。

クロジ

クロジ

クロジ
上記3枚の個体は第二回冬羽と考えています。
ポイントとしては、後頚部の褐色味が強い、大雨覆に褐色部分が目立つ、初列風切の色味など。
画像では分かりづらいですが、先ほど挙げた第三回とした個体と比べると、外側初列に褐色味を感じられると思います。
背面や尾羽にもっと褐色が目立つ個体もいるのですが、擦れ具合などで印象は大きく変わると思います。
また、個体差も大きいと考えられるのでなんとも...というところです。
また、写真では分かりづらいのですが、第三回とした個体は顔に褐色味はありませんが、
第二回とした個体では、目の下などにも少々褐色に見える部分があります。

クロジ
この画像は上述の第二回としている個体と同じ個体の写真ですが、
光により褐色味が目立たない場合があることには注意が必要です。

クロジ
今年1月撮影の第三回冬羽と考えている個体の背面です。
肝心な部分に枝があるのが辛いところですが、外側初列にはあまり褐色味が感じられず、大雨覆にも褐色味はほぼありません。
上尾筒や尾羽の先端は少々褐色がかっています。
背面や後頚部の褐色味も、先ほど挙げた第二回とした個体より薄いですが、
この辺りは個体差や擦れ具合もありそうで難しいところです。

クロジに関しては正直まだまだ観察が足りない点や、
僕が見ている地域では警戒心が高く、そもそもあまり撮影できないということもあり、参考になる写真も全然撮れていません。
この冬は(もう一ヶ月もありませんが)クロジの観察に時間を割いてみようと思います。
また、間違いや新たな知見があれば、随時更新していく予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。