FC2ブログ

ナンヨウショウビン (Collared kingfisher)

先週の土曜日から、ひっそりと沖縄へ一人旅してきました。

第一の目的は昨年の8月から滞在しているあの鳥。
空港に到着してすぐ目的地へ向かう,,,はずが、バスの上り下りを間違えて待っていたというアクシデント。
距離は大したことないので30分ほど歩きました。

目的地へ着いたところ、大して人もおらず、今日はまだ見られていないとのこと。
そんなに下調べもしていませんでしたが、まあそのうち見られるだろうと思って本命を探す前に、ポイントでない場所で沖縄らしい鳥でもいないかなとウロウロ。
リュウキュウキジバトや目の前でぐぜるイソヒヨドリの雌、沖縄らしくアカアシシギなどを満喫していると、
ポイントにいるカメラマンに動きが。

ナンヨウショウビン
ナンヨウショウビン。
あっさりと見られました。
実は僕、国内で見られる可能性のあるカワセミ科だと、ナンヨウショウビンが一番好きです。

ナンヨウショウビン
キジバトとツーショット。
カニばかり食べていました。

ナンヨウショウビン
こちらもカニを捕食中。
恐らく干潮に近い状態じゃないと、ここのナンヨウショウビンはなかなか見られないんじゃないでしょうか。
僕が到着した時間はとてもよかったみたいです、何も調べてませんでしたけど

ナンヨウショウビン
飛翔は撃沈しました。
時間帯と天気的に厳しかったのもありますが、もう2回くらいチャンスがあれば撮れていたと思います...
後ろにはイソシギ。

ナンヨウショウビン
背面...
手前はキアシシギ。

ナンヨウショウビン
ピントはあってませんが、翼下面がとっても美しいんです。

その後飛翔を狙っていると...

ナンヨウショウビン
なかなか近い距離、それもマングローブなので南国感が出ていて思わずテンションがあがりました!
止まっているのは恐らくメヒルギかな?
これだけで既にこの遠征は満足感いっぱいです。

ナンヨウショウビン
僕はお腹が白くて背面が青い鳥が大好きです。
オオルリやコルリなど。

ちなみにナンヨウショウビンは50亜種以上いるとも言われており、別種ではと思うほど体色が違う亜種もいます。
国内で見られるナンヨウショウビンは亜種T. c. collarisとされているようで、今回の個体も見た目はそのように感じました。

今日は以上ですが、沖縄にはもう二日滞在したので次回以降はその記事を書こうと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか生き物ブログに。
虫は糞虫、鳥は小鳥メインに幅広く。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR