島のホオジロ科

昨日予告したとおり今日は小鳥を!
島毎に分けようかと思ったけど、それも分かりづらいのでなんとなく今回は科で分けちゃいます。
今日はホオジロ科、通称エンベリをピックアップ!

離島といえばホオジロ科ですよね。

キマユホオジロ
まずはキマユホオジロ。
僕が最初にいった島では、なんと1日で100羽以上のキマユホオジロが。
40羽はいるかという群れに出会ったりととても楽しかったですね。
近くでは殆ど見れなかったけど笑

コホオアカ
2種目はコホオアカ。
この鳥も渡りの時期の島では割と普通に見られる種。
本土で見たときは嬉しかったけど、島へ行ってからは近くないとレンズを向けることすらなくなってしまいました...。
めっちゃ可愛いと思いますけどね!

シロハラホオジロ
3種目はシロハラホオジロ。
この鳥だけ違う島です笑
前日にとある鳥を餌付けしていたようで、後ろにその跡が...笑

シロハラホオジロ
頭の柄が覆面マスクみたいで面白い。

ここまでの3種が離島では割と見られるエンベリ。
ここからがなんとしても見たかった2種!

エンベリ3種
水浴びするシマノジコ!
今回なんとしても見たかった鳥のうちのひとつ。

シマノジコたち
シマノジコ、ノジコ、キマユホオジロの並びは島ならでは。
この島ではシマノジコを3羽ほど見ることが出来た、全部遠かったけど笑

シマアオジ
そして絶対に見たかった鳥のもう一種、シマアオジ!

シマアオジ
こちらが動いても平気だったので回り込んでみたらとても近かった...!
こんな距離でシマアオジを見るチャンスはそうそうないと、大興奮でした!

シマアオジ
少しの時間だったけど、まるで時間が止まったようでした。
車が来ても飛ばずに耐えてくれてよかった。。。

シマアオジ雌
そして最後はシマアオジの雌。
撮影時はなんか違和感あるけどアオジ?後で確かめようとか思ってた。
その後忘れてたけど笑
島では亜種アオジはほぼ見なくて、シベリアアオジばっかりだったので尚更違和感があった。

最後にシマノジコの水浴び動画を置いときます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返し、仕事で田舎に飛ばされるハメに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR