いろんな出会い

早くも師走、ぼちぼち今年も1年振り返る時期です。
今年は情報をいただいて色んな鳥を見に行ったり、遠くへ遠征することが多かった1年かも。
しかし今年はまだどんな出会いがあるか分からない、ということで。
この秋のちょっとした出会いを思い出して・・・。

クロハラアジサシ
この秋は全国的に多く飛来したクロハラアジサシ。
僕の地元ではとても珍しい?金魚を捕食するクロハラアジサシが見られました。
この個体は第一回冬羽に移行中の個体。
クロハラアジサシ
金魚はとてもとりやすいようでした。
この個体はまだ夏羽が少し残っています。
最大18羽の群れで、1週間ちょっとの間たのしませてくれました。

オオタカ
お次はオオタカの捕食"後"シーン。
別の猛禽目当てで川沿いをぶらついていると、小さな中州に大きなシルエットが。
近くへ行っても飛ぶ気配もなく、割とリラックスしている印象でした。
捕食されていたのはオナガガモ。

オオタカ
この個体はおそらく第一回冬羽に換羽が完了した雌かと・・・。
これだけ近くでオオタカを見るのは初めて、この秋一番緊張した出会いだったかも。

チョウゲンVSコチョウゲン
そのオオタカを見た後、本命のコチョウゲンを探してうろうろ。
コチョウゲンを僕が見つけるたびにアタックしに来るチョウゲンボウと攻撃を受けるコチョウゲン。
どちらも若い個体で、コチョウゲンがどうしても気に食わないようで、4,5回攻撃しにやってきていた笑
この写真はチョウゲンに飛ばされまくり、何度もコチョウゲンを見つけた末に撮影したものです・・・。

オオムシクイ
今度は県内で撮影したオオムシクイ。
秋の渡りの時期ならごく普通に見かける本種ですが、これは11月中旬と遅めな時期に出会った個体。
あまり予想していなかった出会いなのでとてもうれしかった(個人的にメボソ上種が大好きなので)
この秋はたくさんのムシクイを撮影する機会に恵まれ、
もっと見られる写真も撮れたものの、出会いという点ではこの個体が一番印象的でした。

チュウヒ
そして最後はチュウヒ。
これは石川県へ遠征したときに出会った個体で、あちらではチュウヒ自体はさほど珍しくないものの、
地面に居る個体をそれなりに近い距離で見られたのは初めてだったのでとても嬉しかったです。
チュウヒは個人的に大好きな猛禽。

チュウヒ
この2枚では分かりづらいですが、雄の成鳥です。
チュウヒは色んなバリエーションの個体がいるので観察するのがとても楽しいです。

チュウヒ
翼上面の青灰色が雄の証。
とてもかっこいいです。

今回は写真の内容より、その裏側の思い出を中心に写真をチョイスしてみました。
この秋は色んな珍鳥なども見に行ったりしましたが、
自分で探す鳥たちとの出会いはとても印象深いものが多いなぁと思います。

最近はそういう鳥見があまり出来ていないので、もう少しそういう時間も作りたいなぁと思うものの、
今行かなきゃいつ見られるか分からない野鳥たちも追いかけたいという、、、
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返し、仕事で田舎に飛ばされるハメに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR