奈良のムギマキ

昨日、今日と続けてムギマキ探し!
先週にこの場所を下見して、恐らく来るだろうと予想して、今年は飛来も早そうなので行ってまいりました。

カラスザンショウが山の一部分に集中しているので、キビタキの数が多くて、その中からムギマキを探すのは大変。

ムギマキ
居ました!(今日の写真だけど)
木までの距離が近いので、逆光になってたり、木は高くとも肉眼で見てもキビタキとは区別できる。

畳みます!
ムギマキ
昨日は3,4時間待って1度のみ。
まともに撮れたのはこれだけ。

ムギマキ
今日は5,6時間待ってて5回。
でもチャンスは少なく、出てくる時間帯がイマイチで光も悪かった。
後は光線もきつかった。

ムギマキ
ムギマキ
顔をアップにすると、嘴の形状がキビタキ以外の在来FlyCatcherに近くて、動きの印象もキビタキよりもサメ属に近く感じる。
オジロビタキといいムギマキといい、キビタキ属って言われてもあまりピンと来ないけど、地鳴きはまさにキビタキ属って感じだ。

ムギマキ

ムギマキ
ホバリング撮影失敗・・・。

キビタキ

キビタキ

キビタキ
キビタキは10数羽~居て、今日は現地居た5,6時間ほど、常に複数羽見えてる状態。
カラスザンショウ余程好きなんだね・・・。
ちなみに成鳥雄は2,3羽ほどのよう。

ムシクイ
今日はムシクイも。
道中メボソの地鳴きは聞いたけどこの個体は鳴かなかったので不明。

チョウゲンボウ
帰り道の農耕地でチョウゲンボウ。
鳥見行くと一度は猛禽が見たくなるのでラッキーでした!

ムギマキ写真は全然なので、今月中に何度か通う予定・・・。
でもこの成鳥は次行くまでに抜けてそうなんだよなぁ・・・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返し、仕事で田舎に飛ばされるハメに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR