FC2ブログ

社員旅行 in シンガポールその1

今回からが正式なシンガポールシリーズです。

関空から夕方にシンガポール入りし、初日は同僚と屋台でご飯を食べ、
その後ガーデンズバイザベイで夜景を見て過ごしました。

そして二日目の朝、前日まで見られていたZappey's Flycatcehrがどうしても見たくて、
地元の鳥屋しか訪れなさそうなBidadari Parkへタクシーで向かいました。

日の出よりかなり早く出たため到着してもまだ真っ暗。
しきりにヨタカ類の声が聞こえてきます。
どうやらLarge-tailed Nightjar(オビロヨタカ)のようです。
個体数はかなり多いようで、撮影こそできませんでしたが飛び回る姿を確認できました。

少し明るくなるにつれて鳥の声や姿が目立ってきます。
街路樹ではAsian Koel(オニカッコウ)のペアが求愛給餌?と思われる行動をとっていました。
同様に街路樹ではWhite-throated Kingfisher(アオショウビン)やPink-necked Green Pigeon(コアオバト)などの姿が見られ、
道路の上にはWhite-vented Myna(ジャワハッカ)の姿が。
遠くには日本でもお馴染みのOriental Dollar Bird(ブッポウソウ)やBlack-naped Oriole(コウライウグイス)の他、
Asian Glossy Starling(ミドリカラスモドキ)やYellow-vented Bulbul(メグロヒヨドリ)が群れで枯れ木に止まっています。
聞き覚えのある声がすると思えばAsian Brown Flycatcher(コサメビタキ)やAshy Minivet(サンショウクイ)が飛びまわり、
その他Arctic Warbler(コムシクイ)の声もよく聞きました。

アオショウビン
朝は暗くてなかなか撮影ができませんでしたが、フレンドリーなアオショウビンは撮影することができました。
すぐそばを自転車が通っても飛ばなかったものの、大きなトラックには流石に圧を感じたようで飛んでいきました。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか生き物ブログに。
虫は糞虫、鳥は小鳥メインに幅広く。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR