FC2ブログ

ハバビロコケシマグソコガネMyrhessus yorikoae

採集した時はアラメコケシマグソコガネだと思っていたのですが、どうやらハバビロコケシマグソコガネのようだと教えていただきました。
恐らく県内ではまだ記載のない種です。
以下の文章は執筆時のまま残しておきます。

先月末頃から狙っていた糞虫がいたのですが、ようやく出会えました。

アラメコケシマグソコガネ

ハバビロコケシマグソコガネ Myrhessus yorikoae
この種のタイプロカリティが地元なので特に見たみたい一種でした。

続きを読む

スポンサーサイト



マイフィールドのスミレたち

ここ2年ほどスミレにハマっています。
と言っても、春は鳥を見に遠征するかマイフィールド(以降MF)へ出掛けるかの二択なので、スミレを見るのはほぼMFでのみ。
今日はそんなMFのスミレをまとめてみようと思います。

シハイスミレ
まずはシハイスミレ(2020/04/04)
春のMFで最初に花を見られるのはこの種かもしれません。

続きを読む

社員旅行 in シンガポールその4

今回は先日書いたStraw-hedead Bulbul編の続きでDairy Farmで見た野鳥をご紹介します。
ホテルから30分ほどで現地に到着。
シンガポールでは数少ない原生林と聞いていたものの、周りは交通量がそれなりにある道路に囲まれていて、建物も多く想像していたのとは少し違う景色でした。

駐車場から林道へ向かって歩いていると、上空を日本でもお馴染みのOriental Dollarbird(ブッポウソウ)が飛んでいました。
林道ではたくさんの野鳥の声が。
Red Junglefowl(セキショクヤケイ)の鳴き声もよく目立ちました笑

暫く歩くとビジターセンターがあり、そのまま奥へ歩くとジャングル感溢れる林道が。
とりあえず一周してみたものの、やはりなかなか鳥の姿が見えない笑
高いところにGreater Racket-tailed Drongo(カザリオウチュウ)のペアが見えたほか、ブッシュの中をちょこまか動き回るCommon Tailorbird(オナガサイホウチョウ)が見える程度です。

少し見晴らしの良い場所があったのでそこで様子をうかがっていると様々な小鳥がやってきます。

Olive-winged Bulbul
Olive-winged Bulbul(アカメヒヨドリ)
この日初のライファーでした。
ここでは個体数が多く、一番多く見かけたBulbulは本種でした。

続きを読む

マイフィールドの2羽のコマドリ

僕のMF(マイフィールド)は鹿の食害の影響で下草は全くありません。
全く喜ばしいことではありませんし、たくさんの弊害を孕んでいるのですが...
糞虫を代表するようにその恩恵を受けることもあります。

野鳥においてはコマドリやヤブサメの観察のしやすさがあげられると思います。
MFではコマドリの声が聞こえれば、大体姿を見ることができます。

コマドリ
コマドリ雄第一回夏羽。
今年の初認は4/4でしたが、4/25でも少なくとも3羽ほど確認できました。
当地では例年ピークは20日頃ですが、今年は長めでゆったりとした渡りになっているのかもしれません。

続きを読む

社員旅行 in シンガポールその3 Straw-headed Bulbul (キガシラヒヨドリ)

前回の更新から日があいてしまいましたが、再びシンガポール編。

シンガポール滞在3日目は、朝イチで自然の多く残る山地エリアへ。
目的地はDairy Farmです。
この場所は自然が残されている場所ながら、それなりに鳥が見やすいポイントなようです。

この場所へ来たのには明確な目的がありました。
それはもちろん狙いの鳥がいるからです。
シンガポールに来たからには見ておかないといけない鳥...
Straw-headed Bulbul (キガシラヒヨドリ)です。

続きを読む

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか生き物ブログに。
虫は糞虫、鳥は小鳥メインに幅広く。
地元派のはずが遠征を繰り返す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR