今期初のオオジシギ

別にネタがないわけじゃないんですが、最近記録写真的なものばかり撮っていて、
あまりちゃんとした写真を撮っていないのでブログで見せられるようなものがありません...笑

今回もその記録的な写真です。

もう一ヶ月ほど前の7/17のことになりますが、この夏一羽目のオオジシギを地元で見つけました。

オオジシギ
相変わらず近くへは来てくれないけど去年よりはマシ...笑

オオジシギ
2時間ほど畦の前に座って待っていたけど距離は大して変わらず。

オオジシギ
時折稲の中に入っていくけど、暫く待っていると出てくる。

オオジシギ
時期的にオオジだろうと予測は出来るけど、それでもしっかり識別点を抑えたいので粘っていると尾羽を見せてくれた。
このとき伸びしまくりだったけど、全部こちらを向いてするので尾羽が全然見えず...笑

オオジシギ
翼下面もしっかり見せてくれました。
ここがタシギとの識別点。
この翼下面大好きです。

この後も何度かジシギを探しに地元を周っているんですが全然見当たらず。
今年はシギチもあまりおらず少し寂しい夏を過ごしています笑
もう時期タシギやチュウジシギも渡来するはずなのでしっかり見つけておきたいです。
スポンサーサイト

クロコシジロウミツバメと2種のウミツバメ

先週末はちいさな船に乗って、ウミツバメ類などを見てきました。
ウミツバメ以外にもたくさんの海鳥を見ることが出来ましたが、今回はウミツバメだけに絞って行こうと思います。
今回は識別できる程度で綺麗な写真はないので、ちゃんとした写真が見たい方はスルーしてください笑

今回船に乗った目的は勿論クロコシジロウミツバメ。
国内では2箇所でのみ繁殖していて、1960年代と比べると、その数はおよそ1/300まで減っているようです。
そんなクロコシジロウミツバメを見られると良いなぁと、あまり期待しすぎないようにしていました笑

アシナガウミツバメ
今回一番多く見られたのはこのアシナガウミツバメでした。
正直見られると想定していなかった種で少し驚きましたが、時期が良かったのかもしれません。
数10羽見ることが出来ました。
名前の通り足が長く、尾羽から足が飛び出るんですが、見えないこともあります。
また、換羽時期が早いようで、ここで見た3種の中で換羽が進んでいる個体がいたのはアシナガだけでした。
これも大いに識別の参考になるかと思います。

アシナガウミツバメ
フルマカモメとアシナガウミツバメ。

アシナガウミツバメ
餌をとる時はこんな感じで足をだらーんとぶら下げて飛び回っています。
このときの行動は、双眼鏡で見てるだけでもとても分かりやすかった。

続きを読む

Hen Harrier (ハイイロチュウヒ)

季節外れとなりますが、今年2月に見たとある野鳥の記事を。
トップを更新したのでそれにちなんでということで...

ハイイロチュウヒ
ハイイロチュウヒ。
国内で普通に見られる猛禽の中では異端というか、このカラーリングといいとても美しい鷹ですよね。
こんなに近くで観察できるとは思っても見ませんでした!

続きを読む

Golden Eagle

先週末は、いつもお世話になっている学生さんと共に、
僕がオオルリと並んで幼い頃から憧れていた、オオルリの次に大好きな鳥に2年ぶりに再会してきました!

まずは目的以外の生き物たちから!

イブキシモツケ
イブキシモツケの花は満開でした。
名前の由来は伊吹山で初めて発見されたことからとのこと。
固有種ではありません。

続きを読む

Black Drongo(オウチュウ)

オウチュウ
この春特に印象に残った鳥かもしれません。
島で出会ったオウチュウ。
知り合いの方に出ていると聞いてすぐ駆けつけましたが、島に滞在した5日間のうち、3日間見ることができました。

続きを読む

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
バンドでの個人ブログのはずがいつの間にか野鳥ブログに。
オオルリが大好き。
地元派のはずが遠征を繰り返し、仕事で田舎に飛ばされるハメに。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
Youtube


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR